違います。日台夫婦です。

台湾人の妻・ハンマンが繰り出す奇行を 発信したいと考え、始めたブログです。

B77FE48B-4AB2-4043-9A70-5B54621D34BC


こんにちは。ハンマンの夫です。

今回は国際結婚の言葉のお話です。

我が家の場合は妻が流暢に日本語を話せるので、大きな苦労はありませんでした。
それでも漫画に描いたような単語の間違いで、混乱したり
笑わせてもらったりします。

漫画には描ききれませんでしたが、牛丼チェーン店のすき家と吉野家の
区別がついていないようで、CMの『すき家の牛丼♬』のフシで
『よしやのうーどん』とか突然歌いだします。
全部間違っとるΣ( ⚪︎Д⚪︎) 
牛丼ですらない。

こんな事がよくあります。

また次回も少し笑えるエピソードを紹介出来ればと思います。
ご覧頂いきありがとうございました。

 


9411274C-60FB-4965-9495-DC7A6EB1056C

 はじめまして、ハンマンの夫と申します。

台湾人の妻と結婚して2年になます。

今や観光や食べ物など日本には身近な国かもしれませんね。
最近だと先月 、アジアで初めて同性婚を認める法律ができて日本でも少し話題になってました。

そんな台湾出身の妻と今までにあった少し笑えるエピソードや文化の違い、美味しい台湾料理などをご紹介していこうと思います。

さて掲載した4コマ漫画は 、妻と付き合う前の会社での出来事。
私の妻、
まーーーーー 物を失くします。
日課ですか?ってレベルで紛失します。

結婚するときも妻は
「結婚指輪もどうせ失くすからいらないネ!」
とか言う始末。(ちゃんと買いましたよ)

物を失くしたエピソードは数知れずですが、それはまた今度!

ちなみに漫画の中の語尾「〇〇ネ!」 というのは本当に使ってました。
お前は銀魂の神楽か?と思っていたら、日本語を勉強するのにジャンプアニメをよく見ていてそのような言葉遣いになったそうで、ちょいちょい週刊少年ジャンプのキャラみたいになります。
(ときどき『〇〇でござるよ』とか言い出す)

そんなこんなで妻と出会いました。続きもまたご紹介出来ればと思います。
ご覧頂いてありがとうございました。
 

↑このページのトップヘ